放置は厳禁

うつ病は放置しないようにしましょう

うつ病の症状は、憂鬱な気分が続いたりやる気が出ない、なかなか寝付けなかったり夜中や早朝に目が覚めてしまうといった不眠などはよくあるものです。時間が経てば元に戻るだろうと考える方も多いでしょう。もちろん、そういったケースもあるでしょう。しかし、気になる症状が何日も続いている場合や、それにより日常生活に明らかに支障が出てしまっている場合は早めに病院で診察してもらうようにしましょう。よくうつ病は心が風邪を引いたような状態と言われています。これは、誰でもかかる可能性があるよくある病気であるという意味や、放置してこじらせると治療も時間がかかってしまうという意味でもあります。治療期間が短ければ費用もその分安く済むのです。

気になる症状は医療機関で相談

うつ病の症状は憂鬱ややる気の低下といった精神的なものだけでなく、不眠や食欲不振、体や頭がなんとなく重いといった肉体的な症状もあります。仕事には問題なく行けているのに体調がずっと優れないといった症状の現れ方をする場合もあり、うつ病は憂鬱なものというイメージがあると気づきにくい場合もあるでしょう。心身どちらの症状であるかに関わらず、何か調子が優れないといった時はかかりつけの病院に診てもらうのも良いでしょう。健康診断や血液検査などを行い、どこにも異常がないことを確認することもうつ病の治療を始める時は大切なことでもあります。うつ病と思い込んでいたら内臓疾患だったということもありうるのです。うつ病の治療は保険が利くため、気になったらすぐに、気軽に病院に行きましょう。