不眠も症状

うつ病の代表的な症状

とにかく気分が重く何をしても楽しくない、あるいはとにかく理由もなしにイライラする、疲れているのに眠れない。 こういう症状が二週間以上続いている場合は、もしかしたらうつ病かもしれません。 最近うつ病と言う言葉が広く知られるようになりました。どういう病気かよく知らないけど何となく耳にした方も多いと思います。 うつ病とは精神的心理的ストレスによる脳機能障害です。心の風邪と表現される場合もあります。その症状は人によって様々、主に気分が憂鬱など心理的なものが代表的ですが、食欲不振や疲労感、不眠など身体的に出るものもあります。 うつ病は決して恥ずかしい病気ではありません。自分がダメな人間だからなる病気でもなんでもありません。

一人で抱え込まずにまずは医療機関へ相談を

うつ病はなかなか他人に理解してもらうのが難しい病気です。そしてまさか自分はうつ病なんかではないと誰にも相談出来ずにそのまま一人で抱え込んでしまって、ある日自分ではどうしようも出来なくなってパンクしてしまうのです。 症状が長引けば長引くほど、どんどん辛くなります。 そうなる前に是非一度医療機関で相談してみて下さい。 また本人だけではなく、家族や友人がどうもいつもと違うおかしいと感じた時は、躊躇せずに本人に、この症状はもしかしたらうつ病なんじゃないかと、伝えてあげて欲しいのです。 うつ病は決して治らない病気ではありません。薬による治療法や精神療法による治療法、薬も様々な種類があります。 不安になったらとにかく相談してみてください。