症状を緩和

うつ病は治療により症状を緩和できる

うつ病はこのストレス社会では、誰しもかかりうる病気である。 そのうつ病の症状に気づかないと、重症化して弱ってしまい回復が遅れたり、気力が出ないため生活が困難になったり、人によっては本当に自分を死に追いやってしまう危険性がある病気である。 まずはうつ病というものがどういう病気であり、その症状に気づくことが重要である。 一般に自分が常に元気で健康であると思っているとその症状に気づきにくい。 仕事も順調で、生活も順調、いつまでも健康である。 そういう人ほど気づきにくい。 そこで、ちょっとでも体調や気分など不安に感じたら、まずは心療内科などのクリニックなどを受診することにより、まずうつ病を理解し、弱りきるまで重症化することを予防し、死の危険から避けることができ、快適な生活を送ることも可能になるだろう。

現在の主流の治療方法

現在うつ病の症状を緩和させる方法としては、認知行動療法という療法が主流になる。 まずは自分がいまの症状がうつ病であると気づく、すなわち認知するところから始まるだろう。 そうするとどういう行動を取ればそれは緩和されるか。 楽にまたは快適にこなせるかというような感じで認知することと行動することにより、解決していこうという精神療法である。 まず、仕事や家事、介護や育児等現実に置かれている状態だけで、まずはどれもやらなければならないという作業であり、消してただ楽しいだけでやっているような作業ではないだろう。 むしろ、いやいややっている人も多いし、ともすればまじめに完璧にすべてこなそうとするとすぐオーバーワークしてしまう可能性もあるだろう。 そういう、時間から楽しい作業に目を向けたり、重い作業や責任などから少し負担を少なくした楽な作業をしてみたりしつつする緩和しながら苦しみを除去させるような作業療法なども行われている。 そして生活を楽しめるようになってこれば、うつ病は緩和されていく可能性がある病気である。