医者に相談

目安は「2週間以上」継続してその症状があるかどうかです

なんだか気分がふさぎ込み、身の回りのことが手につかず、外へも出たくないし、何もやる気が起きないという症状があるとき、受診するかしないか迷った場合は、1つの目安を参考にしてください。 それは、ふさぎ込みなど気になる気分の症状が「2週間以上続いている」かどうかです。2週間以上続いている場合は、うつ病等の気分障害に罹っている可能性があるので、迷わず受診しましょう。 また、気分の症状は2週間未満だけれど、眠りが浅い、寝付けないなど、うまく眠れないことがすでに2週間以上続いている場合も迷わず受診してほしいレベルです。 うつ病かもしれないと自己判断せずに、今悩んでいる症状などを正確に医師に相談することで、適切な診断を受けることができます。

受診イコールうつ病ではありません

実は、うつ病はふさぎ込みなどの気分の症状よりも、睡眠がうまくとれないことの方が強く出ることがあります。うまく寝れないことが焦りなどにつながり、さらにストレスとなって気分を悪くさせる悪循環になります。うつ病でなくとも、うまく眠れないことが続くことによってうつ病発症のリスクも増大します。 睡眠薬は怖い、依存性がありそうだ、など言われますが、そのようなことは全くありません。眠られていない場合は、まずは「ゆっくり眠ること」が大切です。眠りが改善されることで、ふさぎ込んでいた気分も改善する可能性があります。 病院を受診したら、即うつ病ではありません。1つのつらい症状を改善すれば、その他の症状も改善する可能性があります。

うつ病の症状、その治療について

一口にうつ病と言っても、その症状は様々なものがあります。代表的なものが気分が沈んだ状態の抑うつ状態、食欲の減退・増加、睡眠障害、集中力・思考力の低下です。これら一部の症状を取り上げてみてもわかるように、うつ病は骨折や風邪などと違って外的な症状が見えにくい傾向があります。また、治療を始めた時点ではどのくらい治療費や治療期間が必要なのかもはっきりとは分からないケースが多いです。様々な治療を行いながら何年も治療を継続する必要がある人もいれば、数か月で治療が終わる人もいます。治療期間がはっきりと分からないことで、患者側には経済的・精神的な負担がつきまといますが、その負担を軽減する制度もあります。それは「自立支援医療費制度」といって、患者に必要な医療費の一部を公費で負担し、患者が治療に専念できるようにする制度です。この制度はうつ病患者にも適用されるので、積極的に利用すれば治療に専念する環境を整えることができます。

古代ギリシャ時代から現代までの鬱の歴史

今、日本では100万人を超えるうつ病患者がいますが、その歴史を振り返っていきます。紀元前4〜5世紀頃に古代ギリシャで鬱の症状が議論され始めました。この時の説では、人は血液や黒胆汁などの4種類の体液からできていて、この4種類の体液の比率が変わることで病気になると考えられていました。特に黒胆汁の比率が大きい人は憂鬱な気分になりやすいとされたため、黒胆汁のギリシャ語からとってメランコリーという単語が生まれました。その後も西洋を中心に研究は続けられましたが、メランコリーという単語は廃れていきました。20世紀になってメランコリーという単語は復活し、今日に至るまで様々な研究がされています。過去の偉大な作曲家や自然科学者等も、うつ病に苦しんでいたと言われていますし、日本でも文豪にその傾向が見られました。